スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2016.09.10 Saturday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    クリーニングが苦手

    0

      クリーニングが苦手だ。
      クリーニング屋さんには申し訳ないが、家で全部手洗いできたらどんなにかと思う。
      突然何を言い出すかとお思いでしょうが、まあちょっといかにして私がクリーニングが苦手になったかを聞いて欲しい。

      きっかけは、中二の頃。
      姉の一張羅のステンカラーコートを借りた挙句に汚してしまったときのことである。
      これはさすがに自分で洗濯は出来まいと思い、近所の駄菓子屋さん(クリーニングの取次ぎもしていた)にクリーニングに出した。
      すると、なんと酷いことか、袖についていたベルトの裏側に、油性マジック(きっとマッキー)でくっきりと、受付番号が書かれていたのだ。現代では考えられない蛮行じゃないか。
      姉、激怒。私はおずおずと駄菓子屋さんに文句を言いに行くが「あら、裏側で見えないんだからいいじゃない」と駄菓子屋。ガキ相手だから、上から出れば何とかなると思ったのか。
      姉、さらに激怒。「あのババア!」
      姉が中一の頃、週刊少女コミックを買うと全員貰えるはずのオヨヨの下敷きが貰えず、「これが貰えるはずなんですけど」と粘ったら、数日後に全く別の雑誌の下敷き(多分少女フレンドの)を渡されて以来の激怒っぷりであった。
      もうこっちが「オヨヨ…」と言いたいくらいの出来事だった。

      そんな私も高校にすすんだ。
      父子家庭だったので、中学までは祖母が制服のクリーニング等出してくれていたが、私が高校に入った頃祖母が倒れ、家事一切は我々姉妹の担当になった。
      日頃の洗濯や料理はなんとか子供なりにこなしていたが、さすがに制服のクリーニングまでは手が回らず、夏休みに制服をクリーニングに出したまま、すっかり忘れてしまった。
      思い出したのは、なんと登校日前日の夜。「制服がねーよ!」
      新学期のことは覚えていたが、夏休み真っ只中にある登校日のことはぽっかりと抜け落ちていたのだ。
      もうクリーニング屋はとっくに閉まっている。しょうがない、明日の朝イチで受け取り、その場で着替えて登校しようと腹をくくったものの、なんと開店時間は朝9時であった。
      大慌てで制服を受け取り着替え学校に向かった私が見たものは、登校日のHRを終え、帰宅の途につくクラスメイト達の姿であった。
      「終わった…」と、ハイキングウォーキング鈴木Q太郎の持ちネタ(卑弥呼様ー!)ばりにつぶやき、立ち尽くす私。いっそクリーニングになんか出さなきゃよかった、なんでうちの制服は「丸洗いできるカンコー学生服じゃないんだ」と、自分のうっかりを棚に上げて思うのだった。

      ちなみにその次の年の登校日は、定期が切れている上(夏休みだしね)、所持金数十円、家族はもう皆仕事に出かけ、家には全く現金が置いていないというていたらく。バスにも電車にも乗れず、ただ家で呆然としたまま(制服は着てた)時間だけが過ぎていき、また出席しそこねたのだった。

      私もいまや大人になり、こんなポカミスはしなくなったが、いまだにクリーニングが苦手なのである。




      日常をつらつらと

      0
         どもー、ハム子です。

        最近ブログあんまり書いてないのは何故なんだ、とつらつら考えてみた。
        「写真をリサイズしたり加工したりが面倒くさい」ってのも大きな原因じゃないだろうか。
        まあ「書くほどたいしたことは起きていない」というのもあるけれどね。ほら、便りがないのは良い便りってね。
        でもこれだけ通信技術が発達した現代で「便りがないのは良い便り」とばかりも言ってられないのではないかと。
        ちょっとした例を挙げれば、私が幼少の頃育ててもらった伯母がいつの間にか離婚してたとか。しかも伯父はもう亡くなってたとか。ええー聞いてないよーと言っても後の祭り。一緒に暮らしてた頃は「パパ」と呼んでいた人が、知らないうちに亡くなってたよ!なんていう一大事もあるわけですよ、なんの便りもないうちに。なんでなんの便りもなかったんだろう、マジで…。
        あれ、話がそれた。
        何が言いたいかというと「ハム子は元気ですよー」って、ただそれだけなんですけどね。

        ここひと月ほど、週に1〜2回プールに行っています。
        息継ぎのできない人間なのですが、今の温水プールには「ウォーキングコース」なるものがあり、泳がなくてもプールを満喫できるで安心。
        気が向いたら遊泳コースでアップアップしながら息継ぎの練習したりね。
        プールにはいろんな方がいます。たまに逆三角形体型の人がざっぱんざっぱんと見事なバタフライをしていたり、「水中を黒い影が!」と思ったら華麗なバサロキックで潜水してる人がいたり、かと思えば、プールの隅でずーっと脚のストレッチしてる人もいたり。
        そんな中、黙々と歩いたり鼻から水を飲んだりしています。
        いつか息継ぎしながら華麗に第五コースを泳ぎたいものです。

        あと、最近はアイドルグループ「ももいろクローバーZ」にはまっています。
        多分解る人は解ると思いますが、NARASAKIさんからの流れ。
        正統派よりもももクロみたいな「ちょ、なにやってんのあなたたち」的雰囲気がある方が、性に合う気がする。

        それから、最近に始まったことじゃないけど、骨盤のゆがみがひどいねー。
        横座り、ほおづえ、鞄を同じ方の肩にかけてばかり、などなど、ゆがむようなことばっかりしてるもんなあ。

        突然話はぐーんと戻って。
        ブログ更新が滞りがちな理由の一つ「写真を加工したりするのがめんどい」をどう解決したらいいか。
        いっそ写真のっけなきゃいいんでない?ということで、今日は写真ナシでお送りしました。
        なーに、日本人が写真を頻繁に撮るようになったのなんてここ数十年のこと。
        どうせ江戸時代のブログには画像なんてなかっただろうし、いいよね!?
        (それはブログではなく瓦版では)

        新作豆本「ネガタビ」です! ※追記アリ(10.31)

        0
          注:10月31日追記あり

          新作豆本が出来ました!
          その名も「ネガタビ」。

          10月30日からの 2011秋 ふくまめ創作豆本展「ここから」 にて初売りさせていただきます。
          ネット通販に関しましては未定です。
          なるべく早く通販できるよう頑張ります。


          Twitterでご応募いただいた10名の方に、それぞれネガパンの写真を撮っていただくという、今までのうみうさぎ堂にはない企画もの豆本!

          ネガパンが北は北海道から南は九州まで、旅してまわります。
          文字通り十人十色なネガパン写真をご堪能ください。
          (あ、各写真のコメントはうみうさぎ堂がつけております)


          本文は印刷所に印刷してもらったので、写真がきれい!
          ボリュームタップリの本文68ページ!
          布貼りのハードカバーで、帯封の筒ケース付き!

          色々な意味で、初の試みです。


          追記:
          お値段 1冊 2000円 です。



          ケースを外すとこんな感じ。
          裏表紙にこっそりネガパンがいますが、それは見てのお楽しみ。



          そして、皆さんに撮っていただいた写真が載せきれなかったので、勢いでチラシも作っちゃいました!
          折って切って折ると豆本になります!
          でも豆本にすると、裏(表?)のネガパンが真っ二つになっちゃうので、ゲットされる方は2枚ゲットされることをオススメします。

          このチラシが欲しい方は infoあっとumiusagi-do.net まで希望枚数やお送り先をご連絡ください。(「あっと」を半角アットマークに変えて送ってください)
          10月中は送料無料にてお送りいたします!

          追記その2:
          ネガタビ写真撮影に御協力いただいた皆様
          五十嵐豹太さん、うたかたさん、季里さん、こがりょうこさん、さぼてんさん、たぐちゆうこさん、nanakikaeさん、piroさん、YUKIさん、るん太さん
          (五十音順)
          またチラシのみ きどりょうこさん に写真提供をいただきました
          皆様ありがとうございました!

          2011秋 ふくまめ創作豆本展『ここから』に参加します

          0

            2011秋 ふくまめ創作豆本展『ここから』 に委託参加いたします!

            会期:2011/10/30(日)〜11/6(日)
            会場:ギャラリーアルドマ(福岡市中央区赤坂)

            詳しくは ふくまめプロジェクト のサイトをご覧下さい。


            うみうさぎ堂の展示販売物は

            ・ネガタビ(新作)
            ・ネガパンかわいがってねセット
            ・ネガパン印のホットケーキ 豆本作成キット
            ・ネガパン絵日記
            ・ダメダメパンダ
            ・ネガパン

            の6種です。
            そのほか、ネガタビ宣伝用チラシ「もうひとつのネガタビ」も配布いたします。
            このチラシは折って切って折ると、豆本になります!
            (えーと、春のホビーショーにおける日本豆本協会のチラシのパクリ オマージュですね…)
            今回、展示用の棚も手作りしました。結構力作ですので、そちらもあわせてお楽しみに!

            しかしこうしてタイトルを並べると、ネガネガネガネガ…とネガのオンパレードですな。
            たまにはポジ男の本でも作ろうかな…。


            「豆本のつどい」に行ってきた

            0
              10月10日に日本豆本協会主催で行われた「豆本のつどい」に行ってきました。

              皆さん、ご自作の豆本や、コレクションの豆本を持参されて、いやはや豆本だらけです。
              クラシカルな作りの会場に豆本。合うねー!
              (注:私の豆本はいまいち合わない…)

              皆さんの豆本の紹介やビンゴ大会、簡単なワークショップなどもあり、盛りだくさんの内容でした。
              ワークショップでは微妙に遅れを取りオタオタする私…しかも他の方に手順を尋ねられたはいいものの、必要な作業を一つすっ飛ばして教えてしまったため、かえってご迷惑をおかけするというていたらくでした…。

              豆本と一口に言っても、ほんとに色々あるんだなーと実感した一日でした。
              サイズわずか数mm、くしゃみしたら確実に飛んでいきそうな豆本とか、様々な形を模したもの(ピアノやカメラ、小箱のような形など)、広げると星型になるもの、小口に金の塗装がされたもの…。
              「すごーい!」と純粋に驚き喜ぶとともに、おのれの豆本を思い何となくへこんでみたりするのでした。
              そして当然のように昼食を食べそこねる。
              喋りながら食べるのが苦手なうえ(どっちか一つしか出来ない)、緊張すると食べられなくなる性質なのです。
              (会場では平気でしたが、帰りの電車であと15分の辺りで足がふらふらしてきた)

              そして、奇跡の?コラボ。
              天使匣さんがお連れになったドールと、我らがネガパンのツーショットだ!

               

              「わーい、抱っこしてもらったよー」
              「ふっ…きみって意外と軽いんだね」

              なんて会話をしているかどうかはわかりませんが。
              天使匣さんのサイトをご覧になればお分かりかと思いますが、アンニュイで洗練された世界をお持ちなのです。それなのにまさかネガパンを抱っこされるとは…!
              いいんですか!? 一部だけなんかの冗談みたいになってますよ!



              別ショット。
              ああ、ネガパンったら、天使匣さんの豆本の上に乗っかっちゃってもう…。
              おしりにそっと添えられた彼の手が優しげです。

              そして傍らにさりげなく置かれた赤と緑の豆本は、なんと赤井都さん作のクリスマス向け豆本なのだ!(こちらの豆本を作るワークショップもあるそうなので、御興味のある方は赤井都さんのサイトをご覧ください)

              …というなんかやたらと豪華な中に、脱力の一石を投じてみたような写真となりました。
              フランス料理フルコースのスープが味噌汁、みたいな?



              PR



              calendar

              S M T W T F S
                 1234
              567891011
              12131415161718
              19202122232425
              262728293031 
              << May 2019 >>

              selected entries

              categories

              archives

              recent comment

              recent trackback

              links

              profile

              書いた記事数:489 最後に更新した日:2016/09/10

              search this site.

              others

              mobile

              qrcode

              powered

              無料ブログ作成サービス JUGEM